Books浅見帆帆子の著書一覧

あなたも宇宙とつながっている―今、伊勢神宮に魅かれる理由

あなたも宇宙とつながっている―今、伊勢神宮に魅かれる理由
  • 出版社/亜紀書房
  • 価格/ ¥1,296 税込
  • 発行日/2011年9月24日
  • この本を購入

第1位
・三省堂神保町本店 文芸 (11月3日付)

第7位
・「王様のブランチ」(TBS)、ブックランキング(文芸)
(11月22日放送)

伊勢神宮と東日本大震災をめぐり、著者が感じたこと、考えたことが縦横に綴られた待望の充実書き下ろし。 新たな時代をあなたらしく、幸せに生きていくこと――それこそが世の中のため、見知らぬ誰かの幸せのためにもなっていく。なぜなら、私たちはみな宇宙とつながっているのだから……。 努力やがんばりを必要とすることもない世界、「宇宙」。そんな宇宙とのつながり、その中にいる「自分」に気づくことさえできれば、仕事も夢も恋愛も、あらゆることが輝きを帯びてくることでしょう。 ◎起こることに偶然はない◎運の良い、悪いは実はない◎直感を日常生活でためしてみる◎魂が喜ぶことをすると、宇宙に応援される◎清めることで、解決する◎奇跡の仕組み◎神は私たちそのものである、という意味 他収録


目次

  • 長いまえがき―この本で伝えたいこと
    • 東日本大震災をきっかけに―
      1自分=他人、という感覚がわかった
      2物質中心主義から精神的な生き方へ
      3自分が幸せになることが世界平和へつながる
  • 第1章 まわりに起こる物事は、すべてつながっている
    • どこまでが現実世界?どこから先がスピリチュアル?
    • 起こることに偶然はない
    • 負の連鎖、運の悪いことを止めるには
    • 運の良い悪いは、実はない
    • 夢に向かう途中に、事件が起きやすい理由
    • もっと楽に実現していい
    • それが起きた意味に気づくと、次元が上がる
    • まわりにいる人は自分の鏡―波動の仕組み
    • 精神レベルが上がると、人間関係が一新される
    • 震災以降、物事の動きが加速した
    • 大勢の意識が覚醒されている
    • 2012年頃に世界が終わるとされている意味
  • 第2章  直感で生きる
    • 愛ってなに?
    • 自分の感覚で動いていい
    • 直感を日常生活でためしてみる
    • 頭で考える理由を優先しない
    • 条件を考えた上で直感を利用するには?
    • まわりの意見、アドバイスは聞かなくていい?
    • 即決しなくていい、情報を待つ
    • 気が乗らない、という感覚も宇宙からの情報
    • 頭で考えた「良い、悪い」で選ばない
    • 気持ちが楽になるほうを選ぶ
    • トラブルが起きたときも、「快」を感じるほうを選択する
    • 不快を感じる情報はシャットアウトする
    • 波動を高める方法
    • パワースポットの選び方
    • 自分自身の感覚こそ、一番の情報
    • 魂が喜ぶことをすると、宇宙に応援される
    • それをしているだけで面白い、という世界へ
  • 第3章 日本人がはじめから知っていた、宇宙とつながる生き方
    • あなたも気づいていたはず―無理があることは滅びる
    • 神道の真髄―あなたの自由に感じていい
    • 日本人は、天照大神と同じ仕事をしている
    • 伊勢神宮って、誰がつくったの?
    • 神宮で一番大事な神事は、神様のお食事づくり
    • 式年遷宮の「生まれ変わり」の精神
    • 式年遷宮の意味―無理がないから永遠になる
    • 「今」がポイント―未来を変える方法
    • 「中今の精神」―楽しんでいるときが宇宙につながっているとき
    • 清めることで、解決する
    • 苦しい頑張りは必要ない
    • 次の世界の話
  • 第4章 枠を外して生きる
    • こうあるべき、は思い込み
    • 自分の限界を突破しよう
    • 奇跡の仕組み
    • 枠を外すと、宇宙の情報が無限に入ってくる
    • 意識は時間と空間を飛び越える
    • 神は私たちそのものである、という意味
    • パワースポットの本当の意味
    • 知識や理論は必要ない?
    • それぞれの人(もの)に役割がある
    • あなたはあなたの役割を演じているだけ
    • あなたも、世界の聖人と同じことができる
    • 地震が起きた日本にも役割がある
    • 使命に気づく方法
    • 他人のためではなく自分のために―まずあなたが幸せになる
    • 世界を幸せにする方法
  • まとめに代えて―今こそ、宇宙につながっていることを思い出すとき
  • あとがき

浅見 帆帆子

ページの先頭へ