Books浅見帆帆子の著書一覧

出逢う力

出逢う力
  • 出版社/宝島社
  • 価格/ ¥1,512 税込
  • 発行日/2015年10月26日
  • この本を購入

「王様のブランチ」(11月7日放送)ブックランキング第9位

10/24,10/25
三省堂書店有楽町店 「文学」第1位
三省堂書店池袋本店 「文学」第3位

10/25~10/31
旭屋書店なんばCITY店 「人文」第3位...

10/26~11/1
三省堂書店有楽町店 「文学」第4位
紀伊國屋書店チェーン「心理」第2位
紀伊國屋書店梅田本店「心理」 第1位
ブックファースト新宿店 「文芸書」第9位

10/26
三省堂書店名古屋高島屋店 「文学」第2位

10/27
紀伊國屋書店チェーン 「人文」第1位

11/1~11/7
有隣堂アトレ恵比寿店「ライトエッセイ」第2位

モヤモヤする人からは離れていい、誰かを苦手と思ってしまうことに罪悪感を持たなくていい、 ……本当に豊かな人たちが実践している「これからの時代に必要な人との新しい関わり方」について。
どんなにたくさんの人や情報を知っていても、本当に自分に必要なものと出逢えていなければ意味がない。 あなたにとっての大事な人、モノ、情報と出逢う方法が書かれている至極のエッセイ。
後半のドバイ旅行記からもわかるように、世界のセレブも同じことを伝えています。


【目次】

  • まえがき――世界を変える神秘のルール
  • 第1章 幸せの国へ進む人、苦難の国へ進む人
    • あなたのどの住人ですか?
    • 違う世界の人とは、もう出逢わない!?――みんなに居心地の良い「類友」の始まり
    • 同じ世界の人と仕事をしたほうがうまくいく――新しい時代の仕事の進め方
    • お客さまも、それにふさわしい人がやって来る
    • 精神レベルとこの世の法則
    • 精神レベルが上がると、出逢う人のステージも変わる
  • 第2章 人との新しい関わり方
    • あなたにとって付き合うべき人、付き合っていけない人
    • 苦手な人、合わない人が増えてもいい
    • 「離れたい」という気持ちに罪悪感は必要ない
    • あなたのエネルギー自分で守ろう
    • 一見良さそうだけど……「似て非なるもの」にご用心!
    • 「人を喜ばせたい」は本物?
    • 他者のエネルギーを吸う人たち
    • 運の良い人の近くにいると運がよくなる理由
    • 精神レベルが高い人たちのコミュニケーション
    • 「場の雰囲気」は、そこに集う人の強いエネルギーの方へ流れる
    • 注意!エネルギーが漏れる「SNS」の使い方
    • 去るものは追わなくていい理由
    • モヤっとする人から距離を置く方法
    • 人嫌い!?それはあなたの精神レベルが上がるときかも!
    • 家族でさえ、違う国行きの列車に乗っていい時代が来ている
  • 第3章 すべてに偶然はない
    • こういうとき、引き寄せの力が強まる
    • 不安を払う方法、いろいろ
    • 幸せの国の人たちは、「信じる力」がすごい!
    • それが起きた「直後に思うこと」が一番強く、現実を動かす
    • 失敗はない、すべて「それでいい(それがベスト)!」
    • 席順にさえ、偶然はない
    • 誰でも思い通りの人生を生きている
    • 起きたことをプラスに捉える癖がつくと、起こる事柄自体が変わっていく
    • 「すべてはつながっている」という本当の意味
  • 第4章 自分に必要な情報を得る方法
    • もっともっと、自分の直感(だけ)を信じていい
    • 「気が乗る、乗らない」は情報! すべてをそれで選んでいい
    • あなたにもある、直感が冴えるとき
    • メディアやネットからの情報を入れ過ぎると直感は鈍る
    • 人から受けるエネルギーはまめに浄化しよう
    • なぜ夢の中に情報が来るのか――潜在意識で動いているとき
    • 寝ている間に意識的に情報を受け取る方法
    • 実践!朝一番に思いつくことは情報になっている
    • 聞こえたこと、思うことにも偶然はない
    • シンクロニシティを利用して情報を受け取る
    • 同時に起こるAとBをつなげて考える――シンクロを利用するコツ①
    • 見知らぬ人が答えを持っている――シンクロを利用するコツ②
    • 宇宙はあなたの期待に反応する――シンクロを利用するコツ③
    • はじめにあった高いエネルギー情報を維持する――シンクロを利用するコツ④
    • パッと思いつくヴィジョンは真実を伝えている
    • 情報が来たら、すぐ動く
    • 情報の先がわからなくてもいい――ロールプレイングゲームの地図をもらう
    • 「お願い」と「断言」、どちらが実現力が高まるか
    • 明確に質問すれば明確に、曖昧に思えば曖昧な情報が来る
  • 第5章 出会いの旅、ドバイへ~セレブリティも実践している神秘のルール~
    • なぜ、今、私がドバイに行くことに?――弁天様のお導き?
    • よくできている!物心両面で豊かなドバイの仕組み
    • 外国人としての疎外感がないボーダーレスな国――アルグレア財閥Jumaさんとの出逢い
    • 実は、ドバイって未来の理想都市!?――Lamaさんとの出逢い
    • 神(宇宙)に質問をすれば、答えが来る――イスラム教の聖職者との出逢い
    • 低次元にものから身を守る「シールド(盾)」を作る――「断食」の目的
    • イスラム教における「宇宙とつながる感覚」
    • やっぱり!すべての宗教の根底は同じことを伝えている
    • ここにはどんな情報が?――ロイヤルファミリーとの出逢い
    • これも共通!直感の通りに生きればうまくいく
    • ドバイ旅行に隠された意味
  • あとがき
  • Diary of Dubai

まえがき

 本書には、「あなたに必要な人と、必要なときに出逢う力」について書いてあります。人だけではありません。あなたにとって必要なもの、必要な情報、望んでいる答えがどのように集まってくるかというこの世の仕組みについて、です。

 あらゆる種類の情報が溢れるようになったこの時代、
「できるだけたくさんの人に会って、人脈を創ることが大事」
というような人の広げ方は、もう終わったような気がします(笑)。

正確に言うと、まだ「その段階の人もいる」かもしれません。
 情報はたくさんあればいいのではなく、本当に必要なことが必要なときにだけ入ってくれば充分だからです。
 あなた自身の「精神レベル」が上がると、あなたが自然にしているだけで、少数精鋭のベストな人たちと出逢うようになります。この仕組みがわかると、広がりを求めて人付き合いをするようなエネルギーの浪費はなくなります。

 あなたに必要な情報は、まわりのあらゆるものものを通して入ってきます。
 あなたの「直感」、眠っているときに見る「夢」、「シンクロニシティ(偶然の一致)」、「ふと目に留まること」、「ふと湧いてくるビジョン」などによって情報が集まり、どちらを選べば良いか、次に何をすれば良いかもわかります。
 たとえばあなたが、ふと「それ」に目が留まるのも、パッと「それ」が心に浮かぶのも、自分とあの人に同じようなことが重なって起こるのも、偶然ではありません。そこにあなたにとって必要なこと、「サイン」が隠されているのです。運のいい人や、必要な情報をたくさん持っている人は、このサインに気付くのが上手です。
 それらのサインは、日頃からあなたが考えていることの答えになっています。たとえば、あなたが毎日「~~するにはどうしたらいいのだろう?」と思っていれば、その答えとなり、「自分は○○になる!!」と思っていれば、その方法を教えてくれているのです。
 せっかくそのサイン(答え)が来ていても、頭や心がいっぱいであったり、余計なことにエネルギーが使われたりしていると、それに気付くことができません。たとえば、インターネットやメディアを通して入ってくるあらゆる次元の情報に、無防備に自分をさらしていたり、あまりにたくさんの人と会い過ぎたりしていると、知らないうちにエネルギーが浪費され、直感力が薄れるためにサインに気付くことができなくなるのです。外にばかり求めていても、必要な情報を得ることはできません。うまくいく方法は、すぐ目の前に来ているのです。

 これは決して特殊な考え方ではなく、科学者でも、スポーツマンでも、経営者でも、その道の一線で活躍している人にとっては、「自分が発信していることの答えが、まわりのすべてから帰って来る(万物から情報をもらう)」という当たり前の方法です。
 太古の昔は「成功の奥義」として王族や一部の人たちだけに受け継がれてきましたが、それがだんだんと一般にも降りてきて、現代ではそれを実践している人たちが豊かで幸せな人生を送っているのです。
 5章にあるドバイ旅行記にも見られるように、ドバイの王族をはじめ、世界を舞台に活躍している本当のセレブリティは、皆同じことを話しています。
 すなわち、「この世には自分が意識を向けたことが現実になるという引き寄せの法則があり、だからこそ、低次元のものからはきちんと身を守り、高次元のものには心を開くことが大切である。するとまわりのあらゆるものが自分に必要なメッセージを伝えていることがわかり、心に思うことがますますスピードを増して実現していく」のです。

 かつて、この神秘的なパワーの秘密(神につながるパワーの秘密)を探し出そうとした人たちが、「宗教」と呼ばれる始まりになったのかもしれません。どんな宗教も、表現は違えど、根底では同じようなことを伝えていると思います。その神髄は、たとえば経営者がビジネスを成功させるときにも、アーティストが素晴らしい作品を作り出すときにも、あなたが必要な人と出逢うときにも、すべての人に共通するルールなのです。だからこそ、「成功の奥義」として何年経っても同じような話が出てくるのでしょう。言葉や表現方法は違っても、結局同じことを伝えているのです。
 私たちは、自分自身の直感、魂の声、本音の感覚などを、もっともっと、信頼していいと思います。頭で考えたことや過去のデータ、人から見聞きしたことなど、外からの情報だけに振り回されていて、「偶然の一致」などの神秘的な現象を通して目の前に答えが来ていることに、まだまだ気付いていないのです。
 これに気付くと、自分の夢や望みに対して次になにをすればいいか自然と示され、それらを追っていくと、また次のサインが示されるので、丸で自分の人生がロールプレイングゲームのように感じられるはずです。自分の人生の意味が大きな地図上に紐解かれ、何かに導かれていくように感じるのです。
 そして、夢があろうとなかろうと、生きていること自体が面白くなり、「宇宙の神秘」と呼ばれる偉大ななにかとつながっているような感覚になるのです。

 すべての人に同じように流れているこのパワーの仕組みに気付き、あなたにとって必要なもの、情報、人と出逢い、たくさんの人が幸せを感じることができますように……。

浅見 帆帆子

ページの先頭へ