Books浅見帆帆子の著書一覧

あなたは絶対!運がいい3

あなたは絶対!運がいい3
  • 出版社/廣済堂出版
  • 価格/ ¥1,404 税込
  • 発行日/2018年3月
  • この本を購入

この方法なら、どんな人でも「今」から幸運を引き寄せられる! 「思い」の力だけで、あなたは望みを実現できる! 「引き寄せの法則」が教えてくれた、夢をかなえ、すべてを最高の状態にする意識の使い方とは?
著者の原点でありミリオンセラーとなった「あなたは絶対!運がいい」シリーズの3作目。引き寄せの法則をわかりやすく説いた決定版。


まえがき

「引き寄せの法則」からは誰も逃れられない

ベストセラーとなった『あなたは絶対!運がいい』を書いてから17年が経ちました。
その年月のあいだに、その本に書いた「この世の仕組み」が私自身の生活の中で次々と証明され、それに伴って私自身の興味も「運」にまつわる身近なことから、「目に見えないこと」とされているあらゆる方向へ広がりました。

「直感の使い方」
「シンクロニシティの意味」
「前世をはじめとする輪廻転生の仕組み」
「科学と宗教の交わり」
「守護神、守護霊、神様の世界」
「高度に発達した生物(宇宙人)の存在」
「失われた文明や次元上昇、異次元、パラレルワールド、宇宙の成り立ち」

など……どの方向から探ってもそれぞれに興味深い世界があり、目に見えるものと見えないものは表裏一体で、 「ここまでは現実の世界、ここから先はスピリチュアル」と分けて考えること自体が本質から外れている、ということがよくわかります。

それらを経て、今、私が最も重要(必要)だと思うこと……それは、「引き寄せの法則」を本当の意味で理解することです。 結局、いつも「今このとき」に自分の思考がなにに向かっているか、それこそが未来を左右するからです。
この法則を「本当の意味で」理解すると、これまでわからなかった多くのことに答えが見つかります。
引き寄せの法則とは、「自分が意識を向けたものを引き寄せる」というとてもシンプルなルールです。 この法則が適用されていない人は地球上にひとりもいなく、すべての人に私たちが思っている以上に正確に働いています。 「そういうときもある」ではなく、常にそれに則ってすべてが働いているのです。
それなのに、多くの人のこの法則への理解はまだまだ甘い……私自身もそうでした。
「引き寄せの法則」という言葉が日本にやってくる前、私は『あなたは絶対!運がいい2』の中で同じ法則のことを「引き力」と表現していましたが、あのときの理解度を仮に50とすると、今は100に近いほど、ひとつひとつの意味と「すごさ」がよくわかります(100が完成ということではなく、今では当時の倍近くに深まったという意味です。)

今のあなたがどんな状況にいても、自分の人生に経験したいことだけに意識を集中し始めれば、その瞬間から起こる物事が変わっていきます……と聞いたことがあってためしてみたけれどちっとも変わらないのは、結局、自分が経験したいこと「だけ」に意識を向けていないからです。 なにかが起こるたびに意識を奪われ(惑わされ)、日常生活で、否定や拒絶や不安や心配や怒りや失望や後悔など、あなたが望んでいないことにすぐに意識を向け始めてしまう……それが「せっかく前向きな引き寄せをするために望みに意識を向けている言動」を妨げていることに気づいていないからです。
私も、自分の望みのことを考えているつもりでいながら、日常生活ではそれと逆の波動になっていることに気づいたときがありました。 自分の望みを引き寄せるには、日常生活でもいつもいつも望みと同じ波動で居続けなければならないのです。「どんなときも」です。
これは、目標に向かって常に努力して行動し続けるというような「ガッツで頑張る話」ではありません。 意識(心)の話です。まず、自分の意識を整えておくだけで望みは近づいてくる、行動するのはそのあとです。
本書では、いかに意識の力だけで起こることが変わるか、私のまわりに集まってくる多くの実例を参考に、具体的で実践的なプロセスを書きました。

自分の望みを引き寄せるには、いつも自分で自分の思考を観察する必要があります。自分の意識がなにに向いている、自分の思考が「今」も望みと同じ波動になっているか……。
自分の人生でなにを体験したいかはっきりした意思を持たず、毎日目の前に起こる出来事になんとなく反応していく日々を送れば、「なんとなくの物事」を引き寄せます。「引き寄せている」という感覚するらないでしょう。
一方、自分がなにを望んでいるかを考え、「喜びを感じることだけに意識を向ける!」と決めれば、誰でも前向きな引き寄せを強く実感できるようになります。
私自身、自分の思考が向かっている先を観察するようになってから、以前よりスピーディーに自分の思いが実現することを体験するようになりました。それは、「達成したいなにか」が常にあるという強く固いエネルギーではなく、心の豊かさや今に幸せを感じる穏やかな気持ちも両方合わせ持つものです。
同時に、理不尽に感じることや、「なぜその人にそれが起きるのか」という仕組みもひもとかれ、「誰もが思い通りの人生を生きている」ということがわかりました。
生きている限り、私自身も永遠に理解の途中ですが、この仕組みをはじめに知った十数年前と比べると、今は実感の度合いがまったく違います。 たとえば「黒電話」しかなかった日常に、突然携帯電話が出てきて感動した……それが十数年前の「引き寄せの法則」への理解度でしたが、それが今ではスマートフォンになったような進化です。 言葉にすれば同じように「電話の話」ですが、そこからの広がりは全く違うことがわかります。
あの頃より確実に毎日が面白く、確実に不安や心配やネガティブな思いがなくなり、自分の望みがスピーディーに実現していくのを毎日楽しんでいます。
常に完璧ながら常に変化している、という感じでしょうか……。
そして以前にも増して、「起こることはベスト、常に最善のことが起きている」ということを実感するようになりました。

引き寄せの法則の素晴らしいところは、誰にでも平等に働いている、ということです。
同じことをしたときに、人によって効果が違うということはありません。
ですが、私に寄せられる質問を拝見していると、同じことをしているのにうまくいく人とうまくいかない人がいることも事実です。
その違いを考えてみると、ちょっとした解釈の取り違いや誤解によって、引き寄せの力を違うほうへ使ってしまっていることがあるようです。そのために「自分には前向きな引き寄せは起こらない」と思ってしまっているのです。
今回の本では、その「ちょっとした解釈の取り違い」についても解説しました。
机上の理論より、日常生活こそ本番です。実践的な話や、そうなっていく過程を知ることでワクワクしてきます。

たくさんの人が、自分の望みを形にするプロセスを経験してワクワクすることができますように。そしてもっと自由に情熱を燃やせることに進みながら、人生を楽しむことができますように。

浅見帆帆子

目次

  • まえがき
    • 「引き寄せの法則」からは誰も逃れられない
  • 弟1章 あなたは本当に自分の望みを考えているか
        まずは自分の思考を観察しよう!
    • 避けたいことが起きてしまう仕組み
    • 行動よりも「何を考えているか」で、起こることが決まる
    • 望んでいることが引き寄せられない理由
      ――それは「宇宙からのサイン」を無視しているから
    • 絶対に失敗しない選択基準
      ――「自分の感じ方」がガイドになる
    • 「こうあるべき」という常識には要注意!
    • 人の意見は聞かなくていい?
    • うまくいく方法が人によって違う理由
    • 頭で判断すると失敗する
    • 自分の気持ちがどちらにも傾かないときは?
    • 同じことに対して、感じ方(答え)が変わったときは?
    • 宇宙がどちらを応援しているかを知る方法
    • 不安なことを形にしないためには?
    • 難しい問題が起きたときほど、楽しいことに集中する
    • 流れをよくするために、今すぐするべきことは?
    • 過去の失敗に意識が向いてしまうときは?
    • 自分の気持ちを観察するだけで、人生に起こることが変わる
  • 弟2章 引き寄せの力を効果的に使おう
        どんな望みでも現実にできる
    • 望みを明確にして焦点を定める
    • 「人としての高尚な望み」と「物欲」とでは、どちらがかないやすか?
    • 「良いことと引き換えに悪いことが起きる」は間違い
    • 「比較的恵まれているから、これ以上思ってはいけない」のでは?
      ――望む自分を後ろめたく思う必要はない
    • 「人の役に立ちたい」という思い方の落とし穴
    • 誰かを貶めたり、嫌な思いをさせる望みは引き寄せられるか?
    • 残念なイメージの仕方
      ――ただあなたが強く長く意識を向けていることだけが形になる
    • ワクワクできるようにイメージしなければ意味がない
    • 本当に効果的なイメージングとは?
    • どこまで細かくイメージするのが効果的か
    • 自分の望みがわからないときは?
      ――人生をオーダーメイドする
    • 未来が変わる瞬間
      ――「想像」したことは、必ず「創造」できる
    • 望みがかなう時期、方法は、どこまで具体的に考えたほうがいいか?
    • 行動することよりも大事なこと
      ――動き出す前に確かめて!
    • シンクロニシティの上手な利用の仕方
    • 行動するときは、思いついてから48時間以内に!
      ――次の展開につながる確率が上がる
    • 期待をすると、引き寄せる力が強まる理由
    • シンクロを行動に移したのに、なにも起こらないときは?
    • 楽しい部分を考えるだけで引き寄せられる①
      ――新事業を始めるまで
    • それを考えているのに引き寄せが起こらないのはなぜ?
    • 楽しい部分を考えるだけで引き寄せられる②
      ――新しい物件を手に入れるまで
  • 弟3章 どんなときも気持ちのよい波動を維持する
        すべてを最高の状態にするための意識の使い方
    • 望みをかなえるために、日常生活で最優先させることは?
    • 気が乗らないことは、後回しにしても大丈夫
    • 交渉ごとに有利な意識の使い方
      ――「波動の高い状態」を意図的に作る方法
    • 豊かさにつながる練習
      ――宝くじに当たった!
    • 起こることすべてにワクワクするには?
    • どんな捉え方をするかで未来が変わる
      ――ファーストクラスに乗れた!
    • あなたには常に最善のことが起きている①
      ――ダブルブッキング?ドタキャン?思わぬ事態が起きたときも、実はうまく進んでいる
    • あなたには常に最善のことが起きている②
      ――それが手に入らなかったのはなぜ?
    • あなたには常に最善のことが起きている③
      ――すべては本当の望みをかなえるために起きている
    • 「あるがままを受け入れる」とはどういうこと?
    • 目の前の物事を否定すると、夢の実現が遠ざかる
      ――起業した主婦Cさんの場合
    • 「受け入れること」と「我慢」の違い
    • どう考えても、心地よい捉え方ができないときは?
      ――自社工場がストップしたAさんの場合
    • 思わぬトラブルが起きたときの意識の使い方
    • 日常生活ですべてを心地よく捉える練習をしよう
      ――今日の私の1日
  • 弟4章 目の前の「今」が夢実現につながっている 日常生活での実践ワーク
    • 憂うつなことは、すべてあなたが創り出している
    • 反省は必要ない?
    • 親にされたことと同じことを繰り返しやすいのはなぜ?
    • 過去の悲惨な出来事が原因で、悪循環から抜け出せないときは?
    • 心を惑わされない最強のコツ
    • うまくいったときの自分のパターンを覚えておく
    • 体も、あなたの思ったとおりに反応する
    • 意識のパワーを使って健康になる生活習慣
    • すべてを肯定的な言い方に言い換えよう
    • アファーメーションは本当に必要か?
    • 毎朝のアファーメーションを習慣にしよう
  • 第5章 心地よい人間関係を得るための習慣
    嫌いな人、苦手な人がいる場合はこう考えよう
    • 人こそ選んでいい、の真の意味
      ――肩書や知名度のある人が精神レベルが高いとは限らない
    • 家族に対してモヤモヤを感じるときは
      ――これからはよい意味で血縁が薄れる時代になる
    • 自分を攻撃する人や気分を害する人ばかりがまわりいるときは?
    • どうしても嫌いな人がいるときは?
    • 絶対に許せない人がいるときは?
    • 他人の行動が、あなたの幸せを邪魔することはない
    • 人を救いたいとき、変えたいときの意識の使い方
  • エピローグ 夢実現の究極の奥義
    「今」に集中すれば思いがかなう
    • もっと自覚しよう!「たった今の波動」が未来を創っている
    • 「過去と現在と未来は、今ここに同時に存在している」と言われる意味
    • 今の自分に起きていることは、過去に自分が考えことの集大成
  • あとがき 長期間の三部作を書き終えて
ページの先頭へ